アレピエ通信2.01

ニンゲンとイヌと三浦半島、小田舎暮らしの日常と非日常。

August 28th, 2008

●ウォルター誕生日記念那須旅行《お宿編》

この度のお宿は「プチホテル アラパパ」という、B&Bタイプのお宿。
本当はお財布に優しいキャンプ泊を予定していたんだけど、旅行前が激務続きで気力&体力不足だったうえに、天気予報が悪かったので、急遽変更しました。
ペンションにありがちな、オーバーフレンドリーでアットホームな雰囲気が苦手(笑)なので、ある程度放っておいてくれるホテルタイプを選択。日曜日&月曜日泊のせいか他に泊まり客もなく、ノンビリ静かに過ごせて良かったです。



↑建物の外観はこんな感じ。全ての部屋にスイスの観光地?の名前がついていた。わが部屋はSion。部屋はメゾネットタイプで、1階がリビング、2階にベッドが4つ。2人で使うにはもったいない広さだった。部屋にもユニットバスがついているけど、オーナー手作りの露天風呂があるので、そっちを使った。

各部屋には専用のテラスがついていて、目前には水田が広がっていた。
そのせいか虫がちょっと多い。が、こんなかわいい珍客なら歓迎↑。ゲロゲーロ。

with 4 comments